本文へスキップ

玄米ダイエットの効果。痩せる方法をご紹介します。

玄米ダイエットの効果・魅力は?ダイエットを成功させるための秘訣・方法を紹介。

玄米ダイエットってご存知ですか?

  • 玄米や発芽玄米はダイエットに効果的な理由は?

    ①基礎代謝量を高める
    基礎代謝量とは、私たちが運動など特に何もしなくても、呼吸や内臓の働きによって自然に消費されるカロリーのことです。
    この基礎代謝量が多ければ多い程、消費カロリーが増えるので「太りにくい体」であるということが言えます。
    発芽玄米を食べている人は、普通の白米を食べている人よりも、基礎代謝量が多いといわれています。それは発芽玄米が糖分の吸収を抑え、血糖値の上昇を抑えているからです。
    糖の吸収が抑えられると、当然ながらエネルギーが不足するので、その代わりに脂質が燃焼されるようになります。すると基礎代謝量が増加して、「太りにくい体」を手に入れることができます。

    ②中性脂肪を減少させる
    体脂肪には皮下脂肪と内臓脂肪の2種類があります。

    皮下脂肪
    皮膚のすぐ下の内側にある脂肪です。体温を維持したり、エネルギーを蓄積する役割があります。

    内臓脂肪
    お腹まわりの筋肉と内臓の間につく脂肪です。蓄積しすぎると生活習慣病や動脈硬化、脳卒中の原因ともなります。歳をとるとと共に蓄積しやすくなります。

    内臓脂肪が増えると、血液中の中性脂肪が増え、血液がドロドロになってしまいます。すると血糖値が増え、脂肪が燃焼しずらくなってしまうんです。中性脂肪は、脂質の多い食べ物を摂取すると増えてしまいます。また糖質を摂取しすぎても良くありません。何故なら余分な糖質は中性脂肪に吸収されてしまうからです。
    そこで活躍するのが発芽玄米です。発芽玄米は血液中の中性脂肪の増加を抑制してくれます。
    例えば同じ食事をしたとしても、白米を食べた人と発芽玄米を食べた人では、食後の中性脂肪の増加量が大きく違うことがわかっています。

    ③血糖値の上昇を抑制する
    太る原因のひとつには、血糖値の上昇というものが関わっています。
    食事をすると、血液中の糖質が増えて血糖値が上がります。するとインシュリンというホルモンが分泌されます。そのインシュリンは糖分をエネルギーに変換してくれますが、蓄積できるエネルギーには限りがあるため、余った糖分を脂肪細胞に運び体脂肪を作ってしまうんです。
    また、インシュリンは脂肪の分解を抑えてしまうため、一度蓄えた脂肪を燃焼させにくくしてしまいます。つまり血糖値が上がると、インシュリンがが脂肪をつぎつぎと蓄積させてしまうことに。
    そこでまたまた活躍するのが発芽玄米。白米に比べて、玄米や発芽玄米のGI値はだいぶ少ないことがわかっています。
    GI値とは、その食品を食べた後に血糖値が上がる速度を数字にしたものです。数字が低いほど、血糖値は上がりにくく、インシュリンの分泌も少なくなります。
    普段の食事を玄米、発芽玄米に変えるだけで、血糖値の上昇を抑え、低インシュリンダイエットにつながります。

    玄米ダイエットの注意点

    その他のセルフケア情報はこちら↓
    痔の治し方・予防法【自分でケアしよう】

玄米ダイエット